あおもり若者サポートステーションとは?

あおもり若者サポートステーションでは学校を卒業・中退後、あるいは仕事を辞めた後、長期に職業に就けず悩んでいる若者を対象に、職業的自立など将来に向け、関係機関と連携を取りながら個々の状況に応じたきめ細やかな支援を行います。
厚生労働省が若者支援の実績やノウハウのあるNPO法人、株式会社、社団法人、財団法人、学校法人などに対して委託する形で実施しており、平成29年度は全国173か所に設置されています。

あおもり若者サポートステーションは、株式会社I・M・Sが受託しております。
株式会社I・M・Sは、平成26年度からひろさき若者サポートステーションを運営しており、青森市におきましても地域の若者の皆様のサポートに全力で取り組んでまいりたいと考えております。

どういう人が利用できるの?

地域若者サポートステーション(通称サポステ)は、働くことについてさまざまな悩みを抱えている15歳~39歳くらいまでの若者やそのご家族が支援対象になります。
例えば、次のような気持ちを持つ人を広く支援しています。

  • 悩みや不安を聞いて欲しい
  • 極度な人見知りを克服したい
  • 「自分らしさ」を見つけたい
  • 働くための自信を身に付けたい
  • 「何か新しいこと」に一歩踏み出したい
  • 同じ課題や目標を持つ仲間を見つけたい
  • そろそろ就職活動に前向きに取り組みたい

上記に一つでも当てはまる方は、お気軽にご連絡下さい。